リオオリンピックを見ていて、、、、

オリンピックがはじまり、どの国の選手も一生懸命な姿に感動する毎日です。
・日本選手がメダルを取った!
・日本選手が連覇!
・日本選手が初メダル!
日頃必死に練習して来て海外選手に勝つのは、本当大変だったんだろうなと、思いながら観ていると涙が出てきます。
海外選手にも大会でアクシデントの中諦めない姿勢にまた心打たれました。
オリンピックって感動のドラマがあり、目が赤くなるし寝不足気味になるけど(笑)、ライバルを讃え合う姿勢はオリンピックのメダルという同じ目標に向かってきた戦友達の美しいシーンだなって見る度思います。
私が世界で1番になれる事は1つもありません。
なので、オリンピック選手の苦労やプレッシャーは観ていると以上なんだと思います。
メダルが取れるのは凄い事ですが、例えメダルが取れなくてもあの舞台で国の代表として挑んでいるだけでも本当に凄いと思います。
今回、リオオリンピックの感動は数多いですが、1番驚いたのはウサイン・ボルトがリオオリンピックが最後というのが驚きというよりショックでした。くっきり見える分け目がショックでした